東京スカイツリー&ゲートブリッジ

東京散歩(亀戸天神・スカイツリー)

不覚にも風邪をひいてしまいました。遅くなりましたが珍しい黄色の藤からご覧下さい。

Dsc_0395

Dsc_0415

Dsc_0434
スカイツリーと白いポール。背比べをする不思議なポールに見えませんか?

Dsc_0478

Dsc_0488

Dsc_0509

Dsc_0538
粘って夜まで撮ってたから風邪をひいたのかもbearing
気をつけましょうね。

| | コメント (0)

恐竜の橋(東京ゲートブリッジ)

名称が決まるまでは恐竜の橋と呼んでいましたがすっかりゲートブリッジが板に付きました。

Dsc_0042

Dsc_0098_3

富士山が見えるはずだったのですがweep

Dsc_0094

Dsc_0143

Dsc_0116

| | コメント (0)

Twinkle night (スカイツリースターウォーズバージョン他)

スターウォーズ公開を記念してスカイツリーもライトアップで応援しているのでしょう。
最近、あちらこちらに出没して煌めく夜景を集めました。

Dsc_0492

Dsc_0485

Dsc_0479

Dsc_0474

Dsc_0539

Dsc_0532

Dsc_0367

Dsc_0449

| | コメント (2)

和食の日(東京スカイツリー)

11月24日は和食の日と言うそうですね。つまり「良い日本食の日」からきてるようです。
スカイツリーもそれに因んで「炊き込みご飯」「お鍋」「卵かけご飯」のバージョンになるそうです。
この日は「炊き込みご飯」「お鍋」だったようです。

Dsc_0015_2

Dsc_0017

↑「炊き込みご飯」バージョン  ↓「お鍋」バージョン
Dsc_0044

Dsc_0036
こちらは切り替わる時の色でした。

Dsc_0034
卵掛けご飯は撮れるかな?

| | コメント (0)

小夜(東京ゲートブリッジ)

猛暑の中、暮れなずむ空には雲が沸き立ち落日が紅く染め上げて沈む。
そしてライトアップされた恐竜のような橋が浮かび上がります。
空には飛行機が離発着を繰り返します。ず~っと見ていたい。

Dsc_0646

Dsc_0663

Dsc_0656

Dsc_0671

Dsc_0717

Dsc_0716a

ゲートブリッジの下を船が通過していきました。

| | コメント (0)

バレンタインデーの東京スカイツリー

14日はバレンタインデーでしたがチョコレートが縁を結んでくれたカップルはどのくらいあったのでしょう。
最近は義理チョコならぬ友チョコもあってスイーツ業界はホクホクですね。
スカイツリーも13日、14日はチョコレートカラーなど3パターンになりました。

Dsc_0100

Dsc_0002

Dsc_0072

Dsc_0059a

Dsc_0058

Dsc_0047

Dsc_0081

ラブリーにファンタスティックに少し工夫をして撮影してみました。

| | コメント (0)

スカイツリー三昧(東京スカイツリー)

東京スカイツリーが冬バージョンになっているのをご存じですか?
シルバーとブルーの「冬粋」・シルバーと紫の「冬雅」。違いがわかるでしょうか?

Dsc_0496

Dsc_0485

Dsc_1062

Dsc_1053

Dsc_1072

こちらは私が撮れなかったのでお借りした写真のノーベル賞バージョンです。

Dsc06561
近くなのでネタ切れの時は心強い被写体なのです。

| | コメント (2)

Xmasキャロルが聞こえてくるのに(スカイツリー)

Xmasイルミネーションをまだ撮っていなかったのです。
慌てて近くのツリーを撮りに出かけました。本日のスカイツリーはもみの木バージョンでした。

Dsc_0042

Dsc_0025

Dsc_0041

Dsc_0069

なんとかXmasらしくなったかしら・・・・bellshine

| | コメント (0)

ある日の空(スカイツリー)

急な天候の変化が多いこの頃ですが、黒い雲が出てくると注意が必要ですね。
どしゃぶりの雨に遭わないように注意して下さいね。
この日は雨は降りませんでしたが・・・coldsweats01

Dsc_0720

Dsc_0705_2

Dsc_0733_4

| | コメント (0)

東京スカイツリーのクリスマス

クリスマスイブは連休明けになりました。なんか拍子抜けみたいな感じがするのは私だけsign02
今年もクリスマスイルミネーションは撮れずにスカイツリーでクリスマス気分を味わっています。

Dsc_1962

Dsc_1966

Dsc_1975

Dsc_1949

Dsc_1950

Dsc_1891

Dsc_1897

Dsc_1907

| | コメント (0)