« 一葉桜 | トップページ | 巨大なクモ(ラ・マシン) »

一葉桜まつり(吉原おいらん道中)2009

今年も賑やかに開催された「一葉桜まつり」の花魁道中です。
昨年にも増して見物の方が大勢でカメラマンの多さにもびっくりです。
そういう私も汗をふきふき(暑いくらいsweat01)撮ってきました。

道中は台東区千束の小松橋通りをゆっくりと歩いてステージで撮影会をしてまた、出発点に戻る一往復です。
通りの両側に一葉桜の並木があり、満開でこのイベントに花を添えましたcherryblossom

太夫は昨年と同じ藤波太夫です。
お供の方もあまり変わらなかったので昨年の写真と似ておりますが・・・

      Photo_2

      Photo_3

ステージでの撮影会は良いポジションをとるのに大変でしたが・・・

      Photo_4

Photo_5

↑手に持っているのは煙管です。

Photo_6

独特の衣装とお化粧の普段はあまり、見られない道中をじっくり堪能いたしました。
この地域の方々が一生懸命に努力されているので、一葉桜まつりがますます充実したイベントになることでしょうね。

|

« 一葉桜 | トップページ | 巨大なクモ(ラ・マシン) »

人物・お祭り・イベント写真各種」カテゴリの記事

コメント

lilacさん 舞妓さんとは違う独特の衣装とお化粧ですね^^
人混みの中でもきれいに撮影されていますねぇ~
珍しい花魁道中堪能させていただきました\(^o^)/
カツラと衣装の重さは何キロなのでしょうね・・・

↓ふっくら可愛い一葉桜を優しく撮られましたね^^
素敵です!

投稿: たんぽぽ | 2009年4月17日 (金) 16時57分

一葉桜とは八重桜なんですね~
それにしても、みごとなお祭りです!
さぞかし見ごたえのあるものでしょう。
見とれていて撮影するのを忘れてしまいそうeye
イベントにはとこからか聞き付けてやってくるカメラマンがつきものです。
場所取りが大変なんでしょうねdash

投稿: おこ | 2009年4月17日 (金) 17時02分

たんぽぽさんへ こんばんは。
この日は暑さもあって太夫さんは大変だったと思います。
髪(かつら)・簪(かんざし)・着物・帯を合わせて30キロ以上にもなるそうです。
回を重ねるごとに人出も多くなり、携帯や高く掲げたカメラを避けるのに苦労しました。
望遠レンズを持ってて良かったですhappy01
花の真ん中から小さな葉が出ていてeyeでした。

投稿: lilac | 2009年4月17日 (金) 22時50分

おこさんへ こんばんは。
この近くには樋口一葉記念館があるのでそれに因んで植えられたようですね。
ちょうど満開で綺麗でしたよ。
最近はネットで詳しく調べられるのでカメラマンが多いです。
マナーの悪い人もいるので主催する方々も大変でしょうねぇ~。
ステージの写真を撮るときは大変でしたが運よくイスがあったのでそれに乗って撮ることができましたgood

投稿: lilac | 2009年4月17日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188709/44671827

この記事へのトラックバック一覧です: 一葉桜まつり(吉原おいらん道中)2009:

« 一葉桜 | トップページ | 巨大なクモ(ラ・マシン) »