« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

舞妓はん

フジテレビのイベント(大人の学園祭)に舞妓さんが登場すると放送されたので行ってみました。
NHKでも舞妓さんの連ドラをやっているのでキョウミしんしん、とても綺麗なお二人でした。
口紅を下の唇だけ塗っている方は年数が少ないそうです。

     Photo

     Photo_2

     Photo_3

     Photo_5

      

     

続きを読む "舞妓はん"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小さな恋人(カワセミ)

近くの池にこの秋も翡翠(かわせみ)が来ています。
カメラマンは1時間も2時間も枝に留まるのをひたすら待って、決定的瞬間をゲットしようとがんばっています。
ビギナーの私もいろいろ教えてもらっています。
まだ、しっかり撮れていませんが、なんとか撮れたものを載せました。

      Photo

      0811kawasemiusiro

0811kawasemiebi

0811kawasemimaemuki

次はもっと上手く撮れるといいなぁ~。 

      

| | コメント (12) | トラックバック (0)

紅葉の会津路(その2)

塔のへつりは福島県会津地方の南会津東部を流れる大川が形成する渓谷、大川ラインにあります。
河食地形の特異例として国の天然記念物に指定されていて「へつり」とは地元の方言で険しい崖のことを言うそうです。

Photo

     Aidutounoheturituribasi_2

Aidutounoheturikawa

日本でたったひとつの茅葺き屋根の駅舎「湯野上温泉駅」は会津鉄道会津線の駅です。
たくさんのツァー客もここから田島まで乗車してまた、バスに乗り換えました。
2両編成の電車は野口英世のイラストが書いてあり、車窓からの紅葉も見事なものでした。

Aiduyunokamiekimae  Aiduyunokamieki

ホームからこぼれそうなほどの人、人、人でした。

    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

紅葉の会津路

大内宿は静かな山間の中にあり、茅葺き屋根の集落が保存されている村です。
紅葉の見頃を迎えたくさんの方々が訪れ賑わいを見せておりました。
お日様に輝く紅葉が見たかったのですが生憎のくもり空でした。
それでも充分に綺麗な秋景色を楽しんで来ました。

      Photo

  

Photo_4

  

Photo_5

  

Photo_3

  

Photo_2

  

Photo_6

続きを読む "紅葉の会津路"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ミッシェル スミス選手引退

ソフトボール実業団日本リーグ1部 豊田自動織機の「ミッシェル スミス」選手の引退が発表されました。

16年間本当にお疲れ様でした。そして輝かしい実績の数々と多くの感動をありがとうございました。

来日は1993年、豊田自動織機に16年間在籍
投手、また中心打者として輝かしい記録を残しました。

投手としては通算172勝34敗、2,581奪三振、完全試合6試合、
ノーヒットノーラン13試合、14連続奪三振、120イニング連続無失点、
打者としても首位打者3回、打点王1回、最高殊勲選手賞、ベストナイン賞等々
またアトランタ、シドニーオリンピックで金メダルを獲得。

今年は日本リーグ決勝トーナメントでは惜しくもルネサス高崎に敗れ、優勝できませんでしたがスミス選手の名前は永遠に記録と記憶に残ることでしょう。

        Photo_7

        Michele_smithzensin

試合の時には厳しい表情でしたが試合が終わってサイン会などには、日本語を交えて
優しく言葉をかけてくれました。
チャーミングな笑顔がとても素敵でしたよheart04

        Photo_8

Michele_smithegao 

これから世界に向けてソフトボールの為に活躍して下さることと思います。
お身体に気をつけて頑張って下さいねbaseball    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ある秋の日に

街中の木々も色づき始めましたね。
ある日の夕暮れのシーンです。

      Photo

      Photo_3

Susuki

Aki

      Photo_4

秋の夕暮れはドラマチックに暮れてゆくのでありました。

なかなか写真を撮りに行く時間がなくて忙しく過ごしております。
紅葉の写真を撮りに行きたいなぁ~coldsweats02
 

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »