« 吉原おいらん道中(その2) | トップページ | 本郷の又兵衛桜 »

吉野山千本桜

歴史と桜で有名な吉野山は奈良県の中央部にあり、2004年には世界遺産に登録されましたー「紀伊山地の霊場と参詣道」。
山を埋め尽くす桜の木は約3万本、下千本、中千本、上千本、奥千本と次々に開花します。
中千本が綺麗に咲いていたのですが当日はあいにくの曇り空、思ったような写真が撮れませんでしたが、私達ツァー客の目を充分に楽しませてくれました。
もっと時間をかけて歩いてみたいところですねshoe

       Yosinoyamazakura_2

       Photo

       Photo_2

   Photo_3

   Photo_4

ここ長谷寺は桜が終わりかけ牡丹の開花が待ち焦がれていました。

   Photo_5

         

         

|

« 吉原おいらん道中(その2) | トップページ | 本郷の又兵衛桜 »

風景の写真」カテゴリの記事

コメント

なんとまぁ、幻想的で美しい(* ̄∇ ̄*)
あぁ・・来年は見に行かなくては・・・

とくに2枚目のお写真、花霞と新緑・・・いいですね~

投稿: Lala | 2008年4月22日 (火) 01時02分

どんどん引き込まれるすばらしい写真の数々。
本当に見惚れてしまいます。
吉野にいかれたんですね。
私の郷里も変化しつつあります。
当たり前ですが、寂しさもあります。
機会があったら和歌山も撮って記録してください。
ちえみは最近顔を見てないので、
どうしてるんだろう?ソフトこないのかなぁ?
と先日の試合でも残念そうでした。
また、ブログで心癒してもらいます。

投稿: ちえみのお母ちゃん | 2008年4月22日 (火) 18時24分

Lalaさんへ コメントありがとうございます。
お天気がイマイチだったので空を入れずに撮りましたので少し残念なのですよcoldsweats01
長い期間楽しめるところですね。来年はぜひ、いらして下さいね。
とにさん達も撮影会を検討するかもしれませんね。合同撮影会が出来たらサイコーですね。

投稿: lilac | 2008年4月22日 (火) 21時54分

ちえみのお母ちゃんさんへ コメントありがとうございます。
オヒサでしたね。吉野山には2日目でした。我が家も真言宗ですが前日、高野山の宿坊に泊まる貴重な体験をし、精進料理に感動しました。また、いつか行ってみたい所ですね。
今日、ひじきを煮ていてちえみちゃんを思いだしてたのよ。
金魚が生まれたので見せたいなぁeyefish

投稿: lilac | 2008年4月22日 (火) 22時06分

ライラックさん 遠路はるばる吉野桜を訪ねられてお疲れさまでした。
本当に素晴らしいです♪
幻想的で荘厳な桜・・・来年は必ずや、この目で楽しみたいですね。
中千本が満開の頃が、いちばん見頃なのですか?

長谷寺と室生寺は紫陽花が咲く頃に訪ねるかもしれませんよ。

投稿: とに | 2008年4月23日 (水) 21時45分

とにさんへ こちらにもありがとうございます。
バスの制限時間が3時間だったので花矢倉展望台までは行かれませんでした。
そこから下の方を見たかったです。
Goodな散策は吉野駅から、バスが出ているので、それに乗って山の中腹か山頂で下車、それから、ゆっくりと下り坂を歩きながらのお花見が上手な楽しみ方だそうです。
ガイドさんもその時々どれも良いので甲乙がつけられないと言っておられました。

投稿: lilac | 2008年4月24日 (木) 23時19分

来年の4月の撮影は吉野千本桜に決定です(^_-)
吉野駅からバスで・・・情報ありがとうございます。

このすばらしい幻想的な景色を見に行きましょう\(^o^)/

投稿: たんぽぽ | 2008年5月 3日 (土) 15時55分

たんぽぽさんへ こちらにもありがとうございます。
来年の倶楽部の撮影会は決まりですね。
少しでも撮影意欲をかきたてていただけたことがなんか嬉しいです。
出かけるときはshoericeballcameraを忘れずにねwink
でも食べ物やさんの窓からの眺めがGoodな場所もあるので要チェックです。

投稿: lilac | 2008年5月 3日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188709/40953145

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野山千本桜:

« 吉原おいらん道中(その2) | トップページ | 本郷の又兵衛桜 »