« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

カンガルーポウと・・・

花の名前は面白いですね。まさにそのとおり!(博多華丸さんじゃなくて)
というのもあるし、どうして?なのっていうのもあるのです。

これはその通り!でしょ☆☆☆

         Kangoolpaw

上の背景は事務用の椅子の背を利用しました。

こちらはスチールの書棚が背景です。趣が変わりますよね。

    Kangakpaw_2

花が開くと・・・

   Kangoolpawyoko_3

マンサクの花ですが、黒いコートを着た友達に後ろに立ってもらいました。

   Keiomansaku

    

  

続きを読む "カンガルーポウと・・・"

| | コメント (4)

京王百草園

梅の花を探して京王百草園に行って見ました。
ここにもたくさんの人が訪れて、梅の香りをこころいっぱいに吸い込み
酔いしれているように見えました。

茅葺きの屋根、植木への雪除けなど風情のあるものが主役を引き立てます。

        Keioyukituri

一本の木から紅白の梅がさいています。「思いのまま」という名前の梅。

        Keiokokoronomamani

初めて見ました「寒咲きあやめ」

        Sansakiayame

小高いところから全景を見渡すとこんな感じです。

  Keioenkei

今年は暖かいので、梅と遊びにあちらこちらと行ってまいりましたが、
ほかにも色々な花や生き物が待っていてくれました。
綺麗に撮ってあげられたかな?(^_^;)

| | コメント (12)

葛西臨海公園

ぽかぽか陽気に誘われて、たくさんの方が梅の花を見ながらお弁当を拡げていました。
大きな観覧車の下には水仙の花が心地よい香りを放ち、日曜日のファミリーを喜ばせる。

         Kasaijyosi

とてもお天気の良い日でした。

         Kasaikanransya

海もキラキラと輝いていて・・・

         Kasaitent

「水仙も忘れないでね」って、言葉が聞こえそう・・・

     Keiosuisenyoko

    

| | コメント (6)

葛西臨海公園外伝

水仙の写真を撮っていたら、

フレンチ・ブルドッグ「ボクもおしゃれしてきたんだけど」

こんな顔して言われたらねぇ~。

        Kasaidog_1

実はワタクシ、こんなにワンちゃんに近づいたことはないのです。

どちらかというと動物が苦手なんです。(子供の頃に犬に飛びかかられて
恐かったトラウマ)

でも、写真を撮り始めてからは動物たちとどんどん距離が近くなってきているのです。
お近づきのシルシに撮らせていただきましたよ~ん (^_^)v

| | コメント (6)

春を待つ花たち

福を呼ぶ花、そばに紅梅が散って・・・   福寿草

         Keiohukujyuso

清楚に清々しく・・・  枝垂れ梅
 
         Kameidomidori

透き通る美しさ・・・  鑞梅

         Keioroubai

  

| | コメント (4)

亀戸天神外伝

梅の花を見ながらふと、池に目をやるとジーっと動かないで時折首を廻すだけ。
誰かとおもったらゴイサギさんでした。

     Kameidogoisagi

おっと、忘れちゃいけない! 準主役の亀さんが石の上で甲羅干しです。

     Kameidotenjinkame

そして思いがけないお客様。カワセミくんが~。
レンズのチカラが足りなかったようです。
せっかく、近くにいた男性陣がどこにいるか、教えてくれたのにぃ~(>_<)

          Kawasemi

カワセミくん、また、会いたいなぁ~。 祈りをこめて

| | コメント (8)

亀戸天神

亀戸天神は藤の花も有名ですが天神様の梅も見応えがあるのですよ。
そろそろ見頃になっています。

神社についての詳しいことはこちらでご覧下さい。 亀戸天神

紅梅と白梅の競演です。青空と雲が引き立て役です。

        Kameidotenjinaozora

太鼓橋には水に映った太陽が反射してキラキラと輝いて!

        Kameidouturikomi   

やっぱり、主役はウメ子様でしょう。主役はワタシよっ。

     Kameidotenjintaikobasi       

| | コメント (8)

手作りチョコ(ラッピング)

チョコができたのでいよいよいよラッピングをしてプレゼントの準備をしましょうか。
日頃から気に入った包装紙や、安く買えるリボンを用意しておきます。
文房具屋さんは要チェックですよ。

     Chocolaping3

いただいたプレゼントの包装紙もシワのないところを利用して組み合わせます。

     Chocolaping2

すみれモードのはあんこ玉の箱をリサイクル、和紙があったので和風にしてみました。

     Chocolapwahu

わたしは、材料や箱は浅草の合羽橋商店街で購入しています。
トリュフの箱は高価なので10個単位で購入できる方は半値くらいですし、
オトクだと思います。

いろいろと書きましたが、みなさんが差し上げる方の顔を思い浮かべて、
楽しく作って下さると嬉しいです。

明日はバレンタインデー♥   セイコウヲイノル・・・★

| | コメント (10)

手作りチョコ(さくらんぼ)

アメリカンチェリーのコーティングチョコを作りました。

これは春の出盛りの時に赤ワインで煮て冷凍保存したものを、解凍して使います。
濡れているとチョコが付かないのでペーパータオルの上に暫くおいてから、
コーティングします。
平らな台の上にクッキングペーパーをしいて、チョコをくぐらせて置き、固まるのを待ちます。
柄を持ち上げてくっつかなければ出来上がり。余分なところはナイフで切っています。

          Chocosakuranbosause_1

こんな風に工夫して包んだり、結んだりして楽しんでいます。

   Chocosakuranbo

こちらはハートの型に溶かしたストロベーリチョコを流し入れ、固めました。

   Chocohertmoji

蒼いのはトルコ石(誕生石です)文字の書いてあるのは、
市販のチョコで飾り用に使います。

さて、嬉しいことに先に送ったmuiさんから、素敵なお礼の絵手紙が届きました。
ここに載せたチョコを可愛らしく描いてくれたのでぜひ、ご覧になって下さい。

こちらからどうぞ★毎日手紙を書こう★貰うともっと嬉しい手紙」

   

| | コメント (10)

手作りチョコ(トリュフ)

バレンタインデーに向けてチョコレート売り場は賑わいをみせております。
高級チョコもいいけど、手作りにも結構人気があるようです。
わたしも、日頃お世話になってる方々に感謝をこめてプレゼントします。

簡単トリュフの作り方

先ずはガナッシュを作ります。(チョコ材料の裏などにも書いてあるようです)

材料  スィートチョコ(200g) ビターチョコ(100g)
     生クリーム(120cc) ココアパウダー(1/2cup) 
     ブランデー少々(大人っぽくね)

① チョコレートを細かくきざみ、生クリームと一緒に鍋にいれて湯煎で溶かします。
  分離しないように温度に気をつけ、ときどき濡れ布巾などで冷ましながら、
  なめらかになるまで混ぜます。
  最後にブランデーを入れてさらに混ぜます。

② パッドかお弁当のような器にラップを敷いて、①を静かに入れて冷まします。
  さらに冷蔵庫に入れて固めます。

③ ②をラップごと取り出し、1.8センチ角くらいのさいの目に切ります。
  それをラップで包み丸めてココアパウダーをまぶして出来上がりです。

        Chocotryuftate

アルミのペーパーなどで包むと、ねっ可愛くなるでしょ!

★ガナッシュが冷めないうちに絞り袋で、ハートのカップチョコに入れて
 飾ってみました♥

    Chocohert_1

★丸めたガナッシュ(ココアをまぶさないもの)をコーティングしました。

    Chocostar

文章ではうまく表現出来ないところもありますが、少しでも手作りの「ヒント!」に
なったら嬉しいですね(^_^)v
材料を工夫して試してみてね。失敗を重ねて上手くなるんですよ。 

| | コメント (14)

寒牡丹

東京は雪がぜんぜん降らずに暖冬のせいか季節感がおかしくなっています。
立春も過ぎたので寒中見舞いとは言えませんが余寒見舞いというのでしょうか?
昨年、雪が降った日に撮影した上野東照宮の寒牡丹をUPします。

         Botanpink

こんな傘の中に入っていたり、雪の日は一段と風情があります。

         Botankasa

雪が鮮やかな赤い色に染まりそうでした。

    Botanyuki

我がクラブの方々は雪が降ったらみんなカメラを持って飛び出しているみたいです。

        

| | コメント (10)

手作りチョコ(苺)

苺は春が旬と思っていましたが、この時期美味しい苺が店先に並んでいますね。
バレンタインデーも近いし、プレゼント用にこんな風に作ってみませんか?

市販のコーティングチョコとキスチョコを使いました。
手作りチョコの材料売り場にはかわいいトッピングチョコもあるので思い思いに、
飾ってみてください。

    Chocoitigo

ラッピングはいろいろな材料で工夫して包んでみます。

    Chocowraping

        さぁ!lilacちゃん。召し上がれ~。

        Chocodoll

続きを読む "手作りチョコ(苺)"

| | コメント (12)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »