« らんぷ屋さん | トップページ | 小江戸川越 菓子屋横丁 »

小江戸川越 蔵の町

埼玉県の川越の町は江戸の面影が残っていて小江戸と呼ばれています。
蔵造りの店舗は江戸の町屋形式として発達したものだそうですが、
火事の時の類焼を防ぐための耐火建築でもあります。

ゆっくりと蔵の屋根の鬼瓦や城下町の名残を感じて歩いてみて下さい。

         Kawagoekura_1

         Kawagoemisesaki

         Kawagoekuranomise

こちらはモダンな銀行と蔵の伝統美が調和した風景

        Kawagoeginko

陽に焼けたイケメンの車夫も平日で苦戦している様子です。

    Photo_2

    小江戸川越観光協会HP

|

« らんぷ屋さん | トップページ | 小江戸川越 菓子屋横丁 »

風景の写真」カテゴリの記事

コメント

川越の街、好きなのです♪
理由はよく分からないのですが、
お写真にあるような蔵屋敷の辺りを
お店をのぞきながら散歩していると
なんだかとてもリラックスするのです(*^▽^*)。

投稿: Lala | 2007年1月25日 (木) 01時14分

落ち着く風景ですね。
質問!
これらは江戸時代の建物が
残っているのですか?
それとも再建されたものなのですか?
モダンな銀行は何時頃の建物かしら?

投稿: rosie | 2007年1月25日 (木) 20時10分

Lalaさんへ コメントありがとうございます。
やはり、ビルが無いこととどっしりとしたたたずまいの蔵が落ち着いた雰囲気を作っているからではないでしょうか。
川越リピーターになってしまいますよね。
いつかお逢いしたりして・・・

投稿: lilac | 2007年1月25日 (木) 22時14分

rosieさんへ こんばんは。コメントありがとうございます。
では、質問にお答えいたしましょう。なんてね(汗)
明治26年に川越大火と呼ばれる大きな火災で大半の家宅が消失したそうです。
その中で蔵造りのお店が焼け残ったので、その後、蔵造りの建物が多く出来たそうですよ。
埼玉りそな銀行は大正7年に建てられたそうです。
とても、素敵な良い町並みです。時の鐘の写真はまた、今度行ったときにね。

投稿: lilac | 2007年1月25日 (木) 22時26分

ライラックさんおはよう
ちょっとごぶさたですみませんm(__)m

川越に古い佇まいの界隈が残っているのは聞いたことがあります。
屋根が良い感じですね。落ちつきます~(^o^)
ぶらぶら歩いてみたいなぁ♪

投稿: とに | 2007年2月 7日 (水) 06時27分

とにさんへ お忙しいのにコメントありがとうございます。
川越は地域の方々ががんばって町並みを保存しているので、落ち着いた懐かしい通りをぶらぶらとお菓子屋さんなどを眺めながら歩くのがいいですよ。近くならいいですねぇ~。
蔵の屋根はホントに見応えがありました。

投稿: lilac | 2007年2月 7日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« らんぷ屋さん | トップページ | 小江戸川越 菓子屋横丁 »